音楽を聴くのは主にiphoneやパソコンからになっているが
オーディオ機器についてちょっとだけこだわると音ががらっと変わるのが面白い。

たとえばiphoneで使うカナルタイプのイヤホンも
メーカー、モデルによって全く異なる音色を味わうことができる。
私の経験上では一口に「低音が強い」といってもベース音が前面に出るモデルもあったし
ドラムのアタック感が強調されているものもあった。
金額的に高ければいいというものでもなくて、価格はさほどしないものでも
音のキャラクターと装着時のフィット感が揃っていれば、割と満足するものである。

また、今では珍しくもなくなったがBluetoothスピーカーも
ひと昔前のミニコンポ相当の音質くらいは充分クリアしている上に
サイズは小型で、ワイヤレス接続で楽しめる。

オーディオ機器というジャンルは長い間、劇場のような音響にこだわるマニア向けに特化された趣味というイメージが
とても強かったし、実際マニアックに追求すればするほど音は劇的に変化するため
面白いジャンルでもあった。しかし音楽をとりまく環境も一変していて
以前のようにマニアでなければ真髄まで楽しめないのではなくて
わずかな費用や小さいサイズで様々に音が変わるし利便性もそれぞれという
コストパフォーマンスも良い実に多彩な楽しみ方ができるジャンルに変わってきていると感じている。