PR | 那須のデリバリーヘルスなら

PCオーディオには音響の課題が多いです。以下

(1)ノイズ
PCのノイズの塊のスイッチング電源から、USBに+5V電流が供給されます。USB-DACのUSBポートから、相当のノイズが進入します。これはマランツの開発エンジニアも認めた話です。

ネットプレーヤは +5Vの無いLANケーブル接続ですので、USBよりはノイズの進入はぐっと少ないです。なお、LANケーブルからのノイズ進入をカットする「医療機器」もあります。オーディオ的には「アコリバLANアイソレータ」が有名です。

(2)ソフト設定
PCオーディオでは 音楽再生ソフトの設定ノウハウがあります。WinOSシステム音をバイパスする設定はMUSTです。wasapi排他モードといいます。音質向上でなく音質劣化の原因を取り除いたに過ぎない話です。この機能をもつ音楽再生ソフトにfoobar2000などがありますが、wasapi排他モードは別途設定が必要です。結構「ITエンジニアでPCに強い友人に頼んで設定してもらった」という話を聞きます。PC設定が好きでその変化を楽しむ趣味の人には良いですが、そうでもない人にはネックになります。私もPCソフトの設定は得意ではありません。なお、wasapi排他モード以外にもノウハウがあるようです。

ネットオーディオでは Win7PCソフトの設定は一箇所のみ、簡単です。

(3)PC改造予算
PCオーディオで本気でいい音を出すには相当なPC改造が必要だそうです。・制振対策 ・電源対策 など相当なお金の投資が必要です。70万とか良く聞きます。

ネットオーディオではPCの改造は不要です。理由は? PCオーディオではPCがプレーヤであり、USB出力信号に、ジッター影響のある「音楽信号」が出るので、PC改造が必要です。

ネットオーディオでは PC出力のLAN上の信号は、一般的なHTTPと同様「TCP/IPパケット」信号
であり、送信しているのは「ただのデータ」です。原理的にジッターと無縁のデータです。

「TCP/IPパケット」を受信バッファにためた「ネットプレーヤ」で「音楽のデジタル信号」に変換します。オーディオ専用に開発された「ネットプレーヤ」で対処するので、PCの改造は不要になります。

PR|お小遣いNET|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|SEOアクセスアップ相互リンク集|マッサージのリアル口コミ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の口コミ.COM|女性のための薄毛治療研究会|英会話ノウハウ勉強会|